フランチャイズパーク

フランチャイズパークトップページ > 《海外速報!!》変わらないために変わり続ける“貿易界のフランク・リベリー”

《海外速報!!》変わらないために変わり続ける“貿易界のフランク・リベリー”

公開日 : 2016年3月8日

IMG_3690

左ウィングの旅人 塩田怜史

◆ロサンゼルスと日本の違い

僕がロサンゼルスのトーランスに滞在してこの4月で1年になります。その約1年のアメリカ生活で僕が感じたロサンゼルスの人たちのパーソナリティーについて幾つか述べたいと思います。

まずアメリカはIT大国の一つであり、その中でもSNSは今アメリカ人の生活に密接に関わっています。そんな中で、Tinderというモバイルアプリがあるのですが、これは簡単に言うと出会い系のアプリです。出会い系のアプリはいくつかあるのですが、その中で今現在Tinderが最も利用されてるアプリだと思います。驚いた事が、このアプリを作ったのがビバリーヒルズの高校生だという事です。Webというものが若者の間でも非常に浸透し、利用するだけでなく、開発するにまで至る高校生がいる事に非常に驚きました。この事を知ったときに、 Facebook創設者のマーク・ザッカーバーグ氏、TeslaのCEOイーロン・マスク氏の事が思い浮かびました。この2人も学生時代に事業を立ち上げています。アメリカの若者は日本に比べて圧倒的に自立心が強いように思います。そしてアメリカの大学生は自分で学費を稼いで大学に通うのが一般的と言われています。このような環境も若い起業家が出やすい要因の一つのように感じます。

もうひとつの要因に、「パーソナリティー」があると僕は思います。

というのは、皆目立ってなんぼ、人と違ってなんぼといったところが非常に強い。いわゆる自己主張です。それがファッションや髪型であったり、車であったり、発言であったり、ダンス、仕草や行動など、そこは人によりけりですが。そして、その一際目立つ人に対して、アメリカの人たちはほぼ間違いなく支持します。批判するということはほぼありません。もちろん目立ち方を間違えてはダメですが。ドナルド・トランプがいい例です。彼は白人男性以外のほぼすべての人種を侮辱している完全なレイシストです。にも関わらず支持率があがる一方。支持している人は白人男性のみらしいですが、それでも僕は多くの人々に支持される理由が全く理解できません。しかし、彼は注目を集めています。なぜなら、今までこういった発言をした政治家はいなかったから。つまり今までにない考えをし、今までにない発言内容、発言の仕方をして、世間の注目を集めています。こういった政治家はまず日本では現れないように思います。僕の嫌いなことわざに「出る杭は打たれる」というのがあります。日本では人と違ってはいけないという文化がどうしてもある。それを協調性といってきれいな言葉で教育している。「輪を乱す事」と「人と違って目立つこと」の違いをしっかりと教えていかないと世界に出るパイオニアが日本から出てくるのは難しいのではないかと思います。

ある日、語学学校のアメリカ人の先生がこんな質問をしてきた事がありました。
先生『Why are most japanese people shy? Is that your culture?』 
(なぜほとんどの日本人てシャイなの?それが文化なの?)
僕『I think so. That’s  a bad part of my culture.』
(多分ね。悪い部分の文化だね。)
アメリカ人の先生も気付く日本人の良くない部分のパーソナリティー。最後にこんな事も言っていました。『アメリカの子は皆んなアピール(いい意味で目立つ)しようとする。皆んな自分をアピールするから人と同じやり方では目立てない。そこでオリジナリティが芽生えてくるんだと思うよ。たまにやりすぎる子もいるけどね笑。』

僕は日本人が好きです。本当に素晴らしい人種だと思う。こんなに礼儀正しく、真面目で相手を尊重できる人種は他にいない。これは断言できます。ただもう少し自分も尊重して自分や自分の国を誇りに思ってもいいのではないかと思う。そうなれば周りの目など気にせずに自信もって自分をアピールできるようになるのかなと思います。
最後に日本の高校生、大学生に向けて。インターネットの発達により今様々なワークスタイルが生まれ、そして世界との人々との距離が縮まっています。海外に出ないといけないとは言いませんが、選択肢というものを勝手に狭めないで欲しいと思います。日本はどうしても大学を卒業して就職というみえないレールがひいてあります。それはあくまで数多くの選択肢の一つであるという考えでいて欲しい。自分が本当にしたい事に対して真剣に考えて行動して欲しいです。選択肢は日本を含めた世界中にあります。

◆フランチャイズパーク編集局長 峰麻美より

SNSの凄さを日々実感しますね^^ 塩田さん、これからもアメリカのリアルタイムでの現地速報お願いします^^

所在地 米カリフォルニア州、トーランス
代表者 左ウィングの旅人 塩田怜史

IMG_3690

記事が気に入ったら
いいね!

《海外速報!!》変わらないために変わり続ける“貿易界のフランク・リベリー”

左ウィングの旅人 塩田怜史

前後の記事

«

»

挑戦している実業家たちの情熱とホンネ

【人気コンテンツ】挑戦している実業家たちの情熱とホンネ

注目のフランチャイズ本部