フランチャイズパーク

フランチャイズパークトップページ > 《人気記事》2年で70出店に迫る勢い。クレープ移動販売「ベリーズカフェ」の出店成功理由とは??

《人気記事》2年で70出店に迫る勢い。クレープ移動販売「ベリーズカフェ」の出店成功理由とは??

公開日 : 2016年2月16日


株式会社N E PROJECT
代表取締役社長 和田 幸一

◆なぜ、クレープの移動販売が伸びているのか??

色々な移動販売がある中で、開業に人気なのはイベントに入り易いということです。何故かと言うと、移動販売は基本的にターゲットが女性で、女性がターゲットになってくると、スイーツ系で、中でも安定的に人気があるのが、クレープということです。そこが一番大きいですね。

イベントに入り易いということが、一番です。そこに尽きます。

例えば、パンケーキなんかでも、パンケーキがブランドであることはないんですね。一方で、クレープはクレープというブランドが確立できています。そこも伸びている理由のひとつですね。クレープという、そもそものブランドがひとり歩きしてくれて、誰が作ってもウケ易い、ということがあります。女性に特化してウケ易いものと考えると、やはりクレープです。とは言え、誰でもクレープは作れるものではなく、ある程度、しっかり作り方のノウハウが無いと厳しいですね。ですから、移動販売でクレープ屋をフランチャイズで開業するということで、増えています。移動販売は他にもたこ焼きとか、鯛焼きがあります。それらの商材とクレープが違うことは、やはりイベントに入り易いか、そうではないか、ということです。たこ焼きはイベントに入りづらいですね。特に関西の人に関しては、たこ焼きを自分でも作れてしまうくらいに家庭的なもので、その分競合も多く、たこ焼き屋の店舗や商売自体が多いので、イベントに入りづらいです。既にたこ焼き屋がある場所に、出せないので、出店場所がないというのが現状です。鯛焼きは、今でこそデニッシュ鯛焼きとかもありますが、250円くらいの価格設定です。鯛焼きと言えば、100円とかの感覚でした。いくら高級なものでも、鯛焼きで250円や300円の価格設定となると、高いというイメージです。やはり繰り返しになりますが、クレープの移動販売はイベントに入り易いです。出店場所を確保し易いということが一番ですね。

◆なぜ、そんなに収益を上げやすいのか??

クレープの原価率が低いということがまずはひとつです。普通の人でも、出店場所を紹介されるので開業したらクレープを作って販売するだけです。悪くても40万円くらいの手取りは残ります。当社ベリーズカフェの直営移動販売は車3台です。車3台で月に330万円くらいの利益を残します。1台あたり月に110万円の成果を残すんですね。このクレープ移動販売では、月に80万円利益が残れば、成功と言われています。脱サラで開業して行く場合、1事業目は何としてでも利益を残して当てに行かなければいけません。その為には、

開業後の販売先となる出店場所を多く持っているフランチャイズをうまく利用することが収支を立て易くなるわけです。

出店場所を紹介できる本部は少ないですね。ここが肝なので、当社ベリーズカフェは、非常に開業後のビジネスはやり易いですね。ビジネスなので、どこで満足するのかにもよりますけど、自分で努力すればもっともっと稼げると思いますね。売上は上がりますね。サイドメニューも自由に出せます。うまく利用して頂きたいと思います。ベリーズカフェは廃業というのは、今の所ないですね。

◆フランチャイズパーク編集局長 峰麻美より

時流に乗る移動販売マーケットの中で、一際人気を博するクレープ移動販売「ベリーズカフェ」。フランチャイズパークの独占取材を引き受けて頂き有難うございます。フランチャイズ加盟のメリットデメリットを始め、移動販売マーケットのメリットデメリットなど、リアリティがあって非常にわかり易く、今後事業参入されるオーナーさんは必見です。今後もベリーズカフェさんのフランチャイズ展開をフランチャイズパークもお手伝いさせて頂ければと思います^^

◆会社概要

会社名 株式会社N E PROJECT
所在地 【大阪】大阪府堺市東区日置荘西町2-51-29 【東京】東京都中央区日本橋3-2-14日本橋KNビル
代表者 代表取締役社長 和田 幸一
設立 2013年6月4日

記事が気に入ったら
いいね!

《人気記事》2年で70出店に迫る勢い。クレープ移動販売「ベリーズカフェ」の出店成功理由とは??
株式会社N E PROJECT
代表取締役社長 和田 幸一

前後の記事

«

»

挑戦している実業家たちの情熱とホンネ

【人気コンテンツ】挑戦している実業家たちの情熱とホンネ

注目のフランチャイズ本部