フランチャイズパーク

フランチャイズパークトップページ > 介護・訪問介護フランチャイズ

介護・訪問介護のフランチャイズについて
高齢者マーケットが伸びている。定量データで益々、高齢者は増えて行き、今後もその高齢化スピードが止むことはない。介護フランチャイズと訪問介護フランチャイズの他にも、高齢者向け配食フランチャイズもあり、フランチャイズ加盟検討者側も選定候補は多くなる。一方で高齢者マーケットのフランチャイズデメリットもあり、それは介護法の改定である。介護保険や健康保険制度で国を巻き込んだビジネスモデルである事から、その川上に立つ国の介護法や健康法での改定で収益が左右される事は大きい。

介護フランチャイズは大きく分けて、介護デイサービスフランチャイズ、介護訪問医療マッサージフランチャイズ、介護訪問治療マッサージ、高齢者向け介護配食サービスフランチャイズ、訪問介護フランチャイズ、訪問看護フランチャイズ、介護保険適用フランチャイズ、医療保険適用フランチャイズ、健康保険適用フランチャイズがある。その他にも、介護フランチャイズと呼ばれるフランチャイズは多く存在し、高齢者マーケットでのフランチャイズビジネスとして人気である。茶話本舗に代表する介護フランチャイズでは、だんらんの家フランチャイズや樹楽フランチャイズなど、小規模デイサービス介護は未だに人気である。介護フランチャイズ以外にも、2015年以降、人気を博しているのは、放課後等デイサービスフランチャイズである。障害児童を対象にしたフランチャイズで国からの保険サポートも手厚い。だがしかし、今までの保険適用型フランチャイズを見ていると、国の制度の変遷によりフランチャイズ加盟店がデメリットを被るケースがある。その点は充分にフランチャイズ加盟検討の段階で、国のサポートの今後の展望や配分割合比率などを調べておく事をおすすめします。いずれにしても介護フランチャイズや訪問介護フランチャイズ、放課後等デイサービスフランチャイズなどの制度が絡むフランチャイズはそれだけ、国が必要としているフランチャイズという事なので、需要もあるし、社会的意義も高い事は間違いなく言える。

挑戦している実業家たちの情熱とホンネ

【人気コンテンツ】挑戦している実業家たちの情熱とホンネ

注目のフランチャイズ本部