フランチャイズパーク

フランチャイズパークトップページ > 代理店フランチャイズ

代理店のフランチャイズについて
代理店募集に関しても、フランチャイズ募集と似て非なるものであるが、同時に行われるケースがある。フランチャイズ契約を締結するわけではないが、代理店として商品を代行販売するスキームが代理店契約である。実はフランチャイズと代理店制度というものは、世の中を見渡せば形は違えども代理店制度を利用して販路開拓に成功している企業はたくさんある。フランチャイズパークでは代理店募集のサービスもありながら、フランチャイズ募集のサービスも並行して行っている。

定義として、代理店(Agent)は、本人(Principal)である商社やメーカーの代理として本人の商品を広く紹介し、販売拡大活動を行います。代理店は客先との売買契約の当事者とはならず、その活動も、あくまで本人のための仲立ちです。よって、活動から生じるすべての損益や危険は、売り主である本人に帰属します。例えば客先が支払い不能に陥り、商品の販売代金が回収できないときの危険は、本人(売り主)である商社やメーカーの負担となります。代理店は、業務実績に応じて本人から手数料(Agent Commission)を受け取ります。商品は本人から客先へ直送され、その代金は客先から本人へ直接支払われます。 このほかに欧米諸国では、Sales Representative(販売代行人)やManufacturer’s Representative(製造者代理人)といった代理営業活動を行う企業もあります。この代理店が、契約の基本的義務(販売促進、宣伝広告、報告など)に加えて、取扱商品や活動地域などについて独占的(Sole)または排他的(Exclusive)地位を得たとき、Sole または Exclusive Agent (総代理店または独占代理店)となり、その契約がSole または Exclusive Agency Agreementと呼ばれます。それに対して、フランチャイズ契約は商標ノウハウ、営業権利をフランチャイズ本部。いわゆるフランチャイザーに対してフランチャイズ加盟オーナー。いわゆるフランチャイジーが加盟金やロイヤリティを支払い、商標などの使用を許可し、フランチャイズ契約を締結するというものです。フランチャイザーはノウハウを提供し、フランチャイジーは人財人材と資金を提供し、コンサルティングビジネスと一部アウトソーシングの要素があります。それがフランチャイズ契約と代理店契約の大きな差です。

挑戦している実業家たちの情熱とホンネ

【人気コンテンツ】挑戦している実業家たちの情熱とホンネ

注目のフランチャイズ本部